20歳のお祝いは風俗で

ある意味、人生の楽しみが凝縮されている

ある意味では風俗には人生の楽しみがこれでもかと凝縮されていると言っても過言ではないかなって思っています。それだけいろいろなことを楽しめるのが風俗の世界なんですよね。だから自分でも思うのは、風俗で遊んでいると本当にいろんな気持ちに気付かされるということなんです。あんなに楽しい世界はないだろう…みたいな(笑)男が求めているものを全て応えてくれていると言っても消して過言ではないというか、あんなにこちらのことを考えてくれるサービスは他に無いんじゃないのかなとさえ思っています。だからこっちも安心して依頼出来るじゃないですか。そこはやっぱり大きいなと思いますし、遊んでいて思うのは楽しいのはもちろんなんですけど、相手の風俗嬢次第でどんな楽しさになるのかも変わるし、どういった満足感が待っているのかも微妙に変わってくるじゃないですか。こういったことをすべて考えると、やっぱり風俗で遊ぶのは人生の縮図そのものかもしれないなって(笑)

実感したことは、開発されているなと

自分が特別変わったとは思わないんですけど、風俗で遊ぶようになって、自分自身の体が開発されているなってことは実感しました。自分でも驚きというか、開発されているとは夢にも思いませんでしたけど、以前はそこまで感じなかった部分を攻められて「お」と思うことが増えてきたんですよね(笑)それまでだったら特に何を感じるでもなかった部分が、つい反応してしまう自分になっていたんです。オナニーだけでそんなことにはならないと思いますので、自分自身の体が風俗嬢によって開発されたってことなんじゃないのかなと(笑)そう思ったらさすがに自分でも驚きでしたけど、でもそれはそれでとっても楽しい時間になりましたよ。だって開発されているなんて自分では思わないじゃないですか。それがまさかですからね。自分でも本当に驚いていますけど、でも開発されたからなのか、それまで感じなかったことが感じるようになる…もしかしたら他にもまだありそうかなって。